破壊力抜群!ラム骨爆弾の次なる餌食はいったい誰だ!後楽園駅『メンショー トーキョー (MENSHO TOKYO)』

どうも、はやひらです。

ほんっとひさびさに衝撃的なつけ麺と出会い、そしていただいてきました。

らーめんやつけ麺というと、濃厚魚介系とかポタージュ系などが流行ってきて、正直、どのお店も同じようなものが増えてきたと思っている人もいると思います。

今日はそんな、最近のつけ麺はどのお店にいってもまあまあ美味しいと思っている方へ。

 

まだこんな味があったのか…!

 

と驚くような新感覚のラーメンを紹介します。


羊とラーメンスープの出会い

♪♪♪

あるとき、どこかで出会ってしまった『羊とラーメン』

お互いを気にしながらも、なかなか近づくことのできなかった二人。

♪♪♪

それをつなぎ合わせたのが、四ツ谷『麺や庄』などを手掛ける庄野 智治さん。

 

もちろん、ラム肉を使ったチャーシューを提供するお店などはありますが、このお店はなんとラム骨をスープに使うなど、徹底的にラム肉と向き合っています。

そんなお店は、後楽園駅からすぐの

『メンショー トーキョー (MENSHO TOKYO)』

です。

メンショー トーキョーのラム豚骨つけ麺

メンショー トーキョーは、たまたま水道橋周辺の美味しいラーメン屋!というので見つけたお店で、初めは時間があるときに行こうかなーというスタンスでしたが、

自家製麺ラム豚骨

というキーワードが心に刺さり、それから24時間後にはお店の前に立っていました。

仕事終わりの18時過ぎに伺ったため、混んでいるかが心配でしたが、ちょうど席が空いていて座ることが出来ました。

(これはラッキー!)

 

今回私は『ラム豚骨つけ麺(ノーマル)』¥780を注文しました。

他にもメニューがあって、ラーメン(塩、醤油)、つけ麺(醤油)に油そばが用意されています。

おまけにサイドメニューも豊富で、初めての方は迷ってしまうと思いますので、事前に何を食べるか決めておくのをおすすめです。

ラム豚骨つけ麺の登場

メンショー トーキョー

ドドーンッ!!

 

ではありません。

 

よく見ると、麺の中心にお肉が・・・

メンショー トーキョー

そうです、ラム肉低温調理チャーシューが麺の上に『オンッ』してます!

そして、画像からは分かりませんが、何となくスープが羊のようなそんなオーラを発していました。

ラム豚骨つけ麺のお味見

まずは麺から・・・

メンショー トーキョー

ウワサの自家製麺です。

見た目もツヤツヤで少しかどが見えるくらいしっかりした作りになっています。口に入れるとそのコシの強さが際立ち、これが濃厚なラム骨のスープと混ざり合った時にいい働きをしてくれます。

 

以下、食べログから

打ちたて自家製麺
店内に麺室を併設しており、常に打ちたての麺をご提供致します。添加物は使用せず、熟成工程を短くする事で、小麦本来の芳醇な香りをご堪能頂けます。ラーメンの麺にはパスタで使用するデュラム品種をブレンドしておりますので、熟成に頼らずとも弾力を増し、風味豊な麺に仕上がりました。つけめんの麺にはタピオカの粉を配合し、多加水で製麺しておりますので、もっちりとした食感の太麺を濃厚なスープにつけてお召し上がり下さい

出典:https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131003/13171239/

 

つづいてスープ・・・

メンショー トーキョー

見た目からしてどろっどろですね~。

ここに先ほどの麺をくぐらせて食べると、「ぐわっ」とまずカレーの味が広がり、そのあとにラムの味が「じわー」と口いっぱいに広がります。

主張が激しいラム骨の風味をうまくカレーが蓋をしてくれて、徐々に旨みだけ抽出しているようなそんな感じに思えます。

初め「???」がよぎるのですが、いつの間にか箸が止まらなくなります。

 

ラム×ラーメン
最近ラムを使うラーメン店も少しずつ増えてきました。ただ『特化』しているお店は未だ皆無でしょう。メンショーでは専用LABOで日々ラーメンクリエイターが研究を重ねており、常に進化をし続けております。「あれ?前と少し変わった?」はい!変わりました。ご来店頂くごとに更に美味しいと感じて頂ける様、これからも日々成長していきます。

出典:https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131003/13171239/

 

トッピングも、穂先メンマ、ラム肉低温調理チャーシュー、豚チャーシュー、レモン、パクチーとあまり合わせないものもあったり、ラムを使うために色々と工夫がされているみたいです。

ラム骨スープを食べてほしい方食べてほしくない方

私はここまでラムを使ったつけ麺が美味しい!ということを書いてきました。

ここで、冒頭で書いていた

メンショー トーキョー

に加える項目として、

改めて『絶対に食べてほしい方』『残念ながら食べてほしくない方』の特徴を書かせて頂きます。

ラム骨スープを食べてほしい方

ズバリ、ラム肉が好きな方。あの臭みがタマラナイという方はたべてほしいです。

ラム骨スープを食べてほしくない方

ラム肉の臭みが嫌な方にはお勧めしません。かなり匂いが残ります。下手すると次の日まで・・・。

ちょっと味を調整したいなという方用に卓上調味料が揃っています。
ほうじ茶粉末、黒胡椒、ラー油、生姜とカルダモンの甘酢、自家製七味などなど。

正直、皆さんに食べてほしいほど美味しいです。でも、ダメな方は無理をせず、好きな方と一緒に行くなどして挑戦してみてください。

塩と醤油がありますが、比較的醤油の方がラムの味は弱めになっています。

ラム豚骨つけ麺のまとめ

これがヒツジや~!というインパクト。

濃厚なスープの中に羊を入れるとここまでの主張、そして破壊力が出るんだなーということを実感しました。

しっかり味のフォローをするために卓上調味料が豊富だったり、トッピングに香りの強いものを乗せていたりしてそれがまたありがたいです。

キレイなものにはとげがある』と同じで『美味しいものにもとげがある

よい or わるい結果となるかわかりませんが、玉砕覚悟でぜひぜひ行ってみては。

メンショー トーキョーのお店情報

店名:メンショー トーキョーつけ麺 / 後楽園駅春日駅水道橋駅
夜総合点★★★☆☆ 3.8
住所:東京都文京区春日1-15-9
営業時間:11:00~15:00、17:00~23:00
お休み:火曜日

よかったらシェアお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

2016年もよろしくお願いします!一段と美味しいものを求めて、いろいろなお店によらせて頂きたいと思います。
たくさん美味しいものを食べるために、体のこともしらないと!!ということで、機能解剖学を勉強しトレーナーへ転身。
『ぐるめのほそ道』をよろしくお願いします。
詳しいプロフィール