ねんりん屋銀座本店!あなたはやわらか芽「ストレートバーム」しっかり芽「マウントバーム」どっちを選ぶ?

お土産にも自分用にもピッタリなバウムクーヘン。

東京駅の大丸では常に大行列の大人気バウムクーヘン「ねんりん家」の銀座本店に行ってきました。

銀座本店は大丸店とは違い、テイクアウトの他、2階のカフェで食事もできるということで、特に海外の観光客の方が多く来店しているように感じました。


スポンサードリンク

ねんりん屋とは

みなさん、ねんりん屋をご存知でしょうか。

今では当たり前になっているあるバウムクーヘンを世に広めたお店として有名です。

そのバウムクーヘンがこちら

KIMG0538

この山のようにボコボコした形のバウムクーヘンです。

それまではコンビニにもあるような年輪の形をしたバウムクーヘンが非常に人気でした。

でも最近ではこの山の形をしたものもお店に並ぶなど、一般的になってきています。

また系列店として少し前に、お団子のようにしたバウムクーヘンの専門店を出しています。

こちらはバームツリーと言って、歩きながら食べれたりその見た目から女性に人気です。

僕も食べたことがありますが、思っていたよりも生地がしっとりしていて子供のおやつとしてはありだと思いました。

でも商談やお土産などにはやっぱり普通の方が良いと思います。

ねんりん屋の店舗

ねんりん屋は東京近郊にお店を出しています。

  • 銀座本店
  • 大丸東京店
  • 大丸浦和パルコ店
  • 西武池袋店
  • そごう横浜店
  • 羽田空港店(第2ターミナル出発ゲート内51番搭乗口前)

その他、カフェや和のねんりん家、そしてちいさなバームツリーのお店もあります。

今回は二種類のバウムクーヘンを頂きます

さて、今回はお店の看板メニューであります二種類のバウムクーヘンを頂きました。

やわらか芽のストレートバーム

最初の一品目がねんりんの形をしたバウムクーヘンである「ストレートバーム」です。

KIMG0529

こちらのバウムクーヘンはふっくらしっとりでまるでカステラのよう食感です。

いままでご紹介してきましたホレンディッシュカカオシュトゥーベ治一郎とで見ると治一郎の方に近い食感となります。

味はすこし甘め、そしてたまごの風味がしっかりしてきます。

材料を見るとチーズを使っているみたいなのですが、チーズの味は残念ながら分かりませんでした。

外にはかるーく砂糖の層がありますので、グレーズが好きな方でも大丈夫。

サイズ・お値段

  • YSSサイズ(箱サイズ:12×12×3.5㎝) 税込 496円
  • YSサイズ(箱サイズ:17.5×17.5×5.5cm) 税込1,080円
  • YMサイズ(箱サイズ:21.5×21.5×6.5cm)税込2,160円
  • YLサイズ(箱サイズ:21.5×21.5×8cm) 税込2,808円

※日持ちは購入から6日

KIMG0522
KIMG0525
KIMG0531

しっかり芽のマウントバーム

次にいただいたの外がごつごつしているしっかり芽の「マウントバーム」です。

KIMG0539

今回購入したのは一番小さいサイズでしたので、棒状になっていますが、この上のサイズのものを購入すると筒状になったものが登場します。

外が固くしっかりしており、包装をあけるとプーンとバターの香りが漂ってきます。

中は思ったよりもしっとりで、ストレートバームとはまた違った柔らかさになっています。

以前ご紹介した高円寺「ハナミズキ」の匠(4山スティック)プレーンの際にも書いていますが、非常に見た目は似ていますが、バター風味が好きならねんりんや、アーモンドの素朴な味が好きな方はハナミズキがおすすめです。

初めて食べた時のマウントバームはもう少し固い気もしたのですが、時代の流れに合わせて変わってしまったのかもしれません。

相変わらずパクリと食べれてしまうところは変わっていませんでした。

サイズ・お値段

  • 薪型(箱サイズ:7×18.5×6cm) 税込756円
  • MSSサイズ(箱サイズ:12×12×3.5㎝) 税込 691円
  • MSサイズ1山(箱サイズ:16.5×16.5×4cm)税込1,080円
  • MMサイズ1山(箱サイズ:17.5×17.5×5.5cm) 税込1,620円
  • 2山(箱サイズ:17.5×17.5×11cm) 税込3,240円
  • 5山(箱サイズ:28×20×19cm)

※日持ちは購入から9日

マウントバームは季節限定のお味もあります。

KIMG0535
KIMG0537
KIMG0541

知名度・お味ともに東京土産にピッタリ

正直いうと毎日食べたり、ねんりん屋のバウムクーヘンが大好きでこのために「銀座に行くー!!」とはなりません。

でも、東京に来たお土産になどの何かに合わせて購入するのにはぴったりだと思います。

東京にしかないですし、東京駅のすぐに大行列をつくる人気のお店です。

絶対にお土産に喜ばれます。

特に「たべごろタイプ」という賞味期限が当日限りの商品を見つけたら、お土産ではなく自分用にしてほしいです。

食べごろ=その商品が一番おいしい状態のときに販売されているモノ

と、かなり人気があり売り切れ必至の商品です。

あと、お店の方の接客が非常によく、英語でも対応してくれますので不明点や海外の旅行者でも安心してお買い物可能です。

お近くによられた際は、ぜひ店内を覗いてみて下さい。

ストレートバームかマウントバームかで迷ったら、個人的にはマウントバームの方をオススメします。

おしまい。

こちらの記事もおすすめ!!

pickupプレゼントやお土産、自分用におすすめの美味しいバウムクーヘンの紹介♪

お店情報

店名:ねんりん家 銀座本店洋菓子(その他) / 銀座駅東銀座駅有楽町駅
夜総合点★★★☆☆ 3.4
住所:東京都中央区銀座5-6-15 座STONE 1F
最寄り駅:銀座駅から徒歩5分
営業時間:[月~土] 10:30~20:00、 [日・祝] 10:30~19:00
お休み:無休(1月1日のみ休み)

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
現在地
Google Mapsルートを検索
スポンサードリンク

よかったらシェアお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

今年もよろしくお願いします!一段と美味しいものを求めて、いろいろなお店によらせて頂きたいと思います。
たくさん美味しいものを食べるために、体のこともしらないと!!ということで、機能解剖学を勉強しトレーナーへ転身。
『ぐるめのほそ道』をよろしくお願いします。
詳しいプロフィール