[中野 ラーメン]えび辛を入れると味が変わる!「藤丸」で変化を楽しむ塩つけ麺を頂きます!

中野 藤丸

中野に鶏白湯スープを使ったラーメンを提供するお店はたくさんありますが、いったいどのお店が一番おいしいのでしょうか。

と、そんな企画の一つ。

えび辛という「絶品!!」卓上調味料のある「藤丸」に行ってきました。


早稲田通りから少し入った場所にひっそりとあるお店

中野駅から少し歩いた早稲田通りを少し入ったところにお店はあります。

始めていく方はすこし迷ってしまうかもしれません。

私は2度目の訪問で何とかお店にたどり着きました。

 

もちろん、地図をしっかり見て向かえばばっちりだと思います。

まったくのカンではたどりつけません…(*´∀`)/

 

ちなみにお店はこんな外見。

中野 藤丸

大きく「藤」と書かれた文字があり、その周りに○が!

まさしく、藤丸です。

 

中はですね、カウンターのみで、コンクリートむき出しの壁がならびます。

中野 藤丸

隠れ家的な雰囲気かも。

これが話題のえび辛

お店の中をじろじろと見ていると、やっとこさ見つけました。

えび辛です。

中野 藤丸

右の瓶に入った赤い粉。

こいつを麺に絡めて食べると美味しいそうです。

中野 藤丸

麺に絡める…ということで、必然的につけ麺チョイスに決まり!

おすすめって出ていますしね!

塩つけ麺中盛り

先ほどのメニューを見てもらったと思いますが、かなりメニューが豊富。

にもかかわらず店主が一人で行っています。

大変だろうなーと思いつつ、塩つけ麺中盛りが来るのを待ちます。

 

すこし待ったかな…

お店の中をジーロジーロ見ていたら塩つけ麺がやってきました。

中野 藤丸

平たいさらに盛られた麺と真っ白い器に入れたれたスープ。

どことなーく料亭に出てきそうなそんな印象がじわじわ…

 

では、さっそく食べていきましょう!

まずは「麺」

中野 藤丸

ツルツルピカピカな麺です。

つけ麺の麺は太いのが主流ですが、ここのお店は通常のラーメンの太さと同じ。

コシも強い!という感じはありませんが、これがいいんです。

この後、紹介するスープとの相性が抜群。

 

続いて「スープ」になります。

中野 藤丸

すこーし泡立っている白濁したスープです。

一見、濃厚なドロドロスープ??とも思いますが、とってもサラッとしたあっさり系のスープになります。

鶏白湯がメインになりますが、魚介の風味のほんのり。

麺処 ようすけ」が好きな方には少し物足りない感じもありつつ、あっさり系のスープが好きな方はばっちりだと思います。

 

このさらさらスープだからこそ、麺は細く、スープとよく絡むものにしているのかな。

 

スープの中には「メンマ」に「チャーシュー」、そして、「カイワレ大根」が入ってました。

中野 藤丸 中野 藤丸

メンマはそこまでインパクトはありませんでしたが、やっぱり鶏チャーシューはかなりいいです。

もも肉を使っているので、身が柔らかくて美味しい。

ひとおおり食べたところでえび辛バージョン

先ほど紹介しました卓上調味料「えび辛」をここで投入。

中野 藤丸

麺にかけて食べるのですが、味見してこれはいける!ということで、一気にスープに投入しました。

スープがエビ粉でまみれます~

 

このえび辛、正直やばいです。

入れるのと入れないのとで、味のレベルが変わります。

エビの殻をそのまま粉砕して粉にしたくらいのエビのエキスがたっぷり。

 

そして少し辛い。

 

いままで少し物足りないかな?と思わせていた味を高級な味に早変わり。

さっぱり系の鶏白湯なら「藤丸」へ

濃厚系スープ好きにとってさっぱり系は敬遠しがちですが、それでもえび辛を入れたバージョンはたべて損なし。

すこしだけ中野駅から離れていますが、色々な鶏白湯スープを楽しみたい方におすすめ。

おしまい。

お店情報

店名:藤丸つけ麺 / 中野駅新井薬師前駅
夜総合点★★★☆☆ 3.3
住所:東京都中野区中野5-42-5
最寄り駅:中野駅から徒歩10分
営業日:
〔月~金〕11:00~15:00、18:00~21:00(売り切れ終了)
〔土・祝〕11:00~15:00

中野 藤丸

よかったらシェアお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

2016年もよろしくお願いします!一段と美味しいものを求めて、いろいろなお店によらせて頂きたいと思います。
たくさん美味しいものを食べるために、体のこともしらないと!!ということで、機能解剖学を勉強しトレーナーへ転身。
『ぐるめのほそ道』をよろしくお願いします。
詳しいプロフィール