[飯田橋 ラーメン]行列がない時をねらって!「めん徳 二代目 つじ田 飯田橋店」の濃厚つけ麺を食す!

めん徳 二代目 つじ田 飯田橋店

ラーメン大好き はやひらです。

今回は以前伺って美味しかった「めん徳 二代目 つじ田」の飯田橋店に行ってきました。

前回は「めん徳 二代目 つじ田 麹町店」に伺いましたが、これまた美味しい♪

ということで、今回も期待感一杯での訪問です。

 

私はたまたま行列のない時間帯である16時くらいに伺いましたが、お昼時はとても混んでいて正に行列店といった感じです。

ちなみに夜22時ごろも空いていますので、少し時間をずらして行くと比較的スムーズに入店できると思います。


スポンサードリンク

つじ田のこだわり。

トキオの番組でおいしいラーメンを作る企画がありますが、その企画を見ているとお店それぞれのラーメンに対するこだわりを感じることが出来ます。

こだわりがないと美味しいものは作れない訳ではないと思いますが、美味しいラーメン屋さんはこだわりを持っていることが多いです。

そこで、つじ田のこだわりというのを発見しましたので、シェアします。

1449998410776

つじ田のこだわり

比内地鶏
薩摩地鶏や名古屋コーチンと並んで、日本三大地鶏に数えられる。
生産量が数少なく希少価値の高い食材の一つでもある。
比内地鶏はキジやヤマドリのような風味と香味を持っていて、
煮込むことで味とコクが際立ちます。

匠の味
スープのベースは国内厳選の豚骨、比内地鶏の鶏がら、魚介、利尻昆布、野菜、
地合計10穀種類の食材を元に作らせて頂いております。
細かい産地、材料を公表する事は出来ませんが、これからも味を守りつつ日々進化させ
続けるよう努力していきます。

こういう文章がカウンターに書かれているだけで、なんだか嬉しくなります。

出てきた料理がおいしいのもそうですが、こういった話すネタみたいなものが書かれていると人にも伝えやすいですよね。

濃厚つけ麺

今回いただいたのは、「濃厚つけ麺」。

このメニューですが、店舗によって微妙に名前が違うみたいです。

前回は二代目つけ麺という名前でしたからね。

1449998686073

やってきたつけ麺は前回と同じ、キレイな見た目の麺、そして濃い色のスープです。

前回頼んだのは、特製二代目つけ麺でしたので、少しお肉が多めだったかな。

めん徳 二代目 つじ田 麹町店

前回の特製二代目つけ麺

 

では、しっかりと観察したところでさっそく食べていきます!

つるつる麺

1449998692448

ツルツルっとした舌触りの麺です。

歯ごたえは…ちょっと腰が弱いかな~と感じましたが、きっとこのお店はこれがベストなのでしょう。

個人的にはもう少しコシがあるものが好みです。

途中でカボスを入れるのですが、麺は特に変わっていないにも関わらず、キュッとしまったような味になります。

濃厚魚介スープ

1449998697789

話題の魚介スープを頂きます。

一口飲んでわかる…どこか青葉に似ている。

ちょっとピリ辛でとろみの付いたスープです。

個人的に麹町店の方が好みです。

角切りチャーシュー

1449998733327

麹町店でとても好評だったチャーシュー。

飯田橋店はいかほどか…と思って楽しみにしていたのですが、脂身の少ない部位を使ったチャーシューで少し好みではなかったかな。

ただスープを邪魔しない味付けはさすがで、麺とスープと合わせて頂くとばっちりです。

メンマ

1449998788822

こちらのメンマは写真を見ると色が濃い!

それもそのはず、スープをしっかり染み込んで噛んだ瞬間、濃厚なスープがしみだしてきます。

それ以外はいたって普通のメンマです。

つじ田の店舗は色々とまわると面白い

今回で2店舗目の「めん徳 二代目 つじ田」でした。

系列店だからと言って、同じお味と思っていたのですが、店舗によって味が微妙に違うんですね。

それが土地柄なのか、職人の違いなのかわかりませんが、どちらも味があって面白いなと思いました。

僕としては、麹町店がお気に入りです。

おしまい。

お店情報

店名:めん徳 二代目 つじ田 飯田橋店ラーメン / 飯田橋駅九段下駅水道橋駅
夜総合点★★★☆☆ 3.2
住所:東京都千代田区飯田橋4-8-14 1F
最寄り駅:飯田橋駅から徒歩2分
営業時間:
[月~金]11:00~23:00
[土・日・祝]11:00~21:00
(スープ終わり次第営業終了致)
お休み:不定休

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
現在地
Google Mapsルートを検索
スポンサードリンク

めん徳 二代目 つじ田 飯田橋店

よかったらシェアお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

今年もよろしくお願いします!一段と美味しいものを求めて、いろいろなお店によらせて頂きたいと思います。
たくさん美味しいものを食べるために、体のこともしらないと!!ということで、機能解剖学を勉強しトレーナーへ転身。
『ぐるめのほそ道』をよろしくお願いします。
詳しいプロフィール