[三田市 スイーツ]たくさんの思いが詰まってる!小山流バウムクーヘン「思い出の大きな木」

本日、やっとやっと食べられる。

気になっていたバウムクーヘン。

 

兵庫県にお店があって東京からだとなかなかいけません。

そのため食べるのはあきらめていたのですが、新宿伊勢丹のイベントでやってきていました。

 

お店の名前を発見した瞬間、少し迷い即購入。

エスコヤマのバウムクーヘン「思い出の大きな木」

こちらのページでいろいろなバムクーヘンを紹介しています。

「思い出の大きな木」は外装からすごい

やったーエスコヤマのバウムクーヘンだー!!

と購入してからまずびっくりするのがその外装。

小山流バウムクーヘン 「思い出の大きな木」

昔、国語辞典とか百科事典で見たような箱に入れられています。

中身をその箱から取り出す瞬間から、ワクワク感で気持ちが昂る。

子供心をくすぐりますね。

小山流バウムクーヘン 「思い出の大きな木」

中身を取り出すぞーっと、外に出すと黒い点が…

これ本物のムシではなく、絵で描かれた虫です。

パッと見、本物かと間違える…

小山流バウムクーヘン 「思い出の大きな木」

そして、思い出のつづられた用紙が挟まり、

小山流バウムクーヘン 「思い出の大きな木」

カタログが顔をのぞかせれば…

小山流バウムクーヘン 「思い出の大きな木」

いよいよ、バウムクーヘンの登場です。

思いがたくさん詰まったバウムクーヘン

小山流バウムクーヘン 「思い出の大きな木」

箱から飛び出したバウムクーヘンはずっしりと重く、層もくっきりそして美味しそう!

小山流バウムクーヘン 「思い出の大きな木」

生地はとってもふわふわしていて、卵の味と優しい甘さが口の中に広がり、口の中で少しずつ溶けていきます。

クラブハリエよりも硬めで層一つ一つがはっきりしていて、ホレンディッシュよりも少しふわふわでマジパン感は似ています。

つまり、とっても丁寧に作られたバムクーヘンということ。

生地の重さはつまり、製造の難易度を意味し、層のきれいさは丁寧な職人の技術を感じさせます。

周りのアイシングはうっすらと生地を包み込み、味を際立たせます。

バウムクーヘンは食べる時の温度も大事。

冷蔵庫、室温、少しチンで食べましたが、三者三様。

どれも味わい深くおいしくいただきました。

 

僕は常温が一番好みです。

お店情報

店名:パティシエ エス コヤマケーキ / ウッディタウン中央駅
昼総合点★★★☆☆ 3.8
住所:兵庫県三田市ゆりのき台5-32-1 三田ウッディタウン
最寄り駅:ウッディタウン中央駅から徒歩15分、またはJR新三田駅からバスでゆりのみ台郵便局前まで
営業時間:10:00-18:00
お休み:水曜日・不定休

現在地
ルートを検索
スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

今年もよろしくお願いします!一段と美味しいものを求めて、いろいろなお店によらせて頂きたいと思います。
たくさん美味しいものを食べるために、体のこともしらないと!!ということで、機能解剖学を勉強しトレーナーへ転身中。
『ぐるめのほそ道』をよろしくお願いします。
詳しいプロフィール