こだわりのプリンが食べられる「プリン研究所」1個5000円のプリンも登場!!

プリン

どこのサイトで紹介されていたのか、ふと見た文字列に心を打たれて思わずとんだ先。

それがプリン研究所のサイトでした。

 

プリン研究所

 

この通販ショップはやばい!!

 

何がやばいかって・・・

だいすきなプリンの専門ショップだということ。

そして、そこにあるプリンはすべて特別なこだわりがあるということ。

 

思わず全部買いたい!食べ比べセットを買いたいと思って商品を見ていたら、

またびっくりなものが飛び込んできました。

 

それがこの文字

「抹茶プリン1個5000円」

 

プリンが1個5000円もするわけないだろう。

と思って見てみたらほんとあるもんですね。

 

抹茶プリン おこい

出典:プリン研究所

 

芸能人も絶賛するほどのお味だそうで、その決め手は天皇賞を受賞し、金と同じ価格が付けられたお茶。そして、そのお茶を完璧に引き出すために探し出された厳選の「離宮の水」。加えて、食材の味をお茶の風味を壊さないように優しい甘さを提供してくれる「和三盆」。試行錯誤の末に選ばれた食材、そして職人の技術が合わさって作られたプリンです。

 

価格は1個5000円

内容量は120g

 

↑これまちがいなく事実です。

 

どれだけ美味しいのか。

すっごく気になってしまう・・・。

 

一応、このプリンよりもお安いものとして1個3000円のもあるんですが、

見比べるとやっぱり見劣りしてしまいます。

 

抹茶プリン おうす

使ってる材料は「おこい」と変わらないのですが、ちょっとだけ色が薄い感じ。

が、、、それでも3000円。

 

比較対象として正しいのか分かりませんが、

パステルのプリンは定番のなめらかプリンが1個355円

パステル なめらかプリン

出典:Pastel

 

そして、そのパステルがさらに素材にこだわって作ったパステル ミュゼのプリン。

その中の定番 ミュゼ・プリン バニーユは1個422円

パステル・ミュゼ ミュゼ・プリン バニーユ

出典:パステル・ミュゼ

 

どう考えても、プリンに5000円は破格のお値段。

 

どんなお味になのか気になる方はぜひ食べてみてはいかがでしょうか。

私もちょっと深呼吸して冷静になってみてから、買うことにします。

 

もちろん、プリンの種類は他にもたくさんあって、

・真・プリン 

・バニラプリン

・抹茶プリン

・紅茶プリン

・コーヒープリン

・ショコラプリン

・その他のコラボプリン

などもあります。

 

スポンサードリンク

プリン

よかったらシェアお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

今年もよろしくお願いします!一段と美味しいものを求めて、いろいろなお店によらせて頂きたいと思います。
たくさん美味しいものを食べるために、体のこともしらないと!!ということで、機能解剖学を勉強しトレーナーへ転身。
『ぐるめのほそ道』をよろしくお願いします。
詳しいプロフィール