東京神保町の「うどん 丸香」に行ってみた!

うどん 丸香

前から「いきたい行きたい」と思っていた

丸香にいってきました。

ここを知ったのは行列の出来るお店の紹介番組です。

本場の味が楽しめるとか、いろいろと評判の良かったこのお店。

 

店の前についたのは開店30分前。

さすがにこの時間だと行列も少なく、難なく1巡目で席に座れます。

並んでいるとメニューが配られてそこで注文という形。

 

初めてだとどれがいいのか迷ってしまうくらい

色々とメニューがありました。

丸香

うどんは、かけ、つけ、そして釜あげ、そして月見などなど。

うどん 丸香

揚げ物もたくさんあって、ちくわ天、下足天、野菜店盛、そして、四国の天ぷらがあります。

 

今回は迷ったあげく、直感で注文。

そしてうどんを待つこと約5分間。テーブルに置いてある天かす、そして天ぷらのたれを味見しながら待ちます。

 

かけうどん(400円)

最初はこれかなーと思って注文した商品。なんとなく香川のうどんと言えばこのイメージです。お味は、ちょっと思っていたのと違っていて麺がすこし柔らかい。モチモチのうどんがお店の売りなのか、ちょっと期待外れでしたが、その分、つゆはしっかりおいしかったです。麺は正直、はなまるうどんの方が好みかな。

 

野菜店盛(250円)

日替わりの野菜天ぷら。この日は、かぼちゃ、玉葱とじゃがいもの天ぷらです。正直これが一番今日のなかで美味しかった天ぷらたち。じゃがいもの天ぷらという驚きもありましたが、オーソドックスなかぼちゃと玉ねぎはホクホク、サクサクでよかったです。

 

四国の天ぷら 上天(120円)

四国の天ぷらという名前にひかれて思わず注文。説明を読んでみるとどうやら魚の身をすり込んだものらしい。一人暮らしとしては久々に食べたこういう食べ物に少し感動を覚えつつ、これが四国なのかと思いにふけっていました。

 

ということで、丸香まとめ

写真が撮りたかった!!メニューの右上にあるようになんと、店内は撮影禁止になっていました。きっとネットであることないこと書かれたり、いろいろとあったんだろうなーと思いつつ、これだけが心残りです。食べログを見ても自分のたべたうどんの写真をアップしている人もいます。その時に来ておきたかったです。

うどんの味は正直、期待外れながらも実は釜あげとかの方がおすすめなのかもと思いつつ、今度またのぞいてみた時に空いていたら注文してみようかなと思います。

 

丸香 お店情報

店名:うどん 丸香うどん / 神保町駅新御茶ノ水駅御茶ノ水駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0
住所:東京都千代田区神田小川町3-16-1 ニュー駿河台ビル 1F
営業時間:
[月~金]11:00~19:30(L.O.)(うどん玉がなくなり次第閉店)
[土]11:00~14:30(L.O.)(うどん玉がなくなり次第閉店)
お休み:日曜日、祝日、年末年始

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
現在地
Google Mapsルートを検索
スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

今年もよろしくお願いします!一段と美味しいものを求めて、いろいろなお店によらせて頂きたいと思います。
たくさん美味しいものを食べるために、体のこともしらないと!!ということで、機能解剖学を勉強しトレーナーへ転身。
『ぐるめのほそ道』をよろしくお願いします。
詳しいプロフィール