真っ赤な色が印象的なオトメズグロインコ!江戸川区自然動物園

インコ

まっかな色して、首をふりふりしている姿が印象的な鳥と言えば…

そう、このオトメズグロインコです。

 

この色と動きから、赤いダンサーというキャッチコピーを付けている方(サイト)も発見。

私が江戸川区自然動物園でみたときも、かなりキョリがあったにも関わらず、その真っ赤な体をよく動かしていました。

インコ 行船公園

こんな真っ赤な鳥がバードウォッチングなどで森を飛んでいるところを発見したら、おもわず写真を撮ってしまいそうになるくらいきれいでした。

インコ 行船公園

もともとニューギニア北西部に生息していたインコです。

主食は果実花の花粉など、そして花の蜜も好物です。そのほか、バナナ、リンゴなどのフルーツも食べてしまいます。

ペットとして飼われる方も多く、非常に人気があります。

 

オトメズグロインコの豆知識

ペットとして人気のひみつは言葉をよく覚えてくれるからです。簡単な言葉でしたら一日もたたずに覚えてくれます。
またその逆に下の世話はすこし大変なところがあるかもしれません。

その他、オトメズグロインコに会える場所

堀井動物園
動物とのふれあいを大事にしている移動動物園です

↓いそうな動物園
富士花鳥園
公式ブログの2008年の記事にてオトメズグロインコの紹介をしています
埼玉県こども動物自然公園
自然がいっぱいの園内でいろいろな動物に会えます
掛川花鳥園
いろいろな鳥たちと出会えます

おしまい。

【関連記事】江戸川区自然動物園ではいろいろな動物に出会えるよ!
自然動物園
今回ご紹介したオトメズグロインコの他にもたくさんの動物たちに会えます

他にどんな動物たちがいるのかをこちらの記事でまとめています。ペンギンやオウム、ナマケモノもいるよ。

スポンサードリンク

インコ

よかったらシェアお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

今年もよろしくお願いします!一段と美味しいものを求めて、いろいろなお店によらせて頂きたいと思います。
たくさん美味しいものを食べるために、体のこともしらないと!!ということで、機能解剖学を勉強しトレーナーへ転身。
『ぐるめのほそ道』をよろしくお願いします。
詳しいプロフィール