パソコン「ASUS TransBook T100TAM T100TAM-DK564S」を購入!&レビュー

ASUS TransBook T100TAM T100TAM-DK564S

そろそろ外で使う用のパソコンとして小さいもの、そして、電池の持ちが良く、タブレットでも使いたい。

ということでパソコンを探していました。

いわゆる2in1キーボード脱着式タイプのWindows 8タブレットです。

タブレット&キーボードでもよかったのですが、それですと画面を立て掛ける形で足の上に乗せて利用できそうにないので、画面を固定できて、タブレットとしても取り外しできるものを探していたら発見しました。


スポンサードリンク

ASUS TransBook T100TAM T100TAM-DK564Sを使用した感想

ASUS TransBook T100TAM T100TAM-DK564S

初のASUSということもあってドキドキの初使用です。

価格コムのまねをしてみます。

・デザイン

パソコンとしてはまずまずのデザイン。PCにした時に画面が厚い感じもしますが、タブレットをそのままはめ込んだ感じですのでしょうがないです。

・処理速度

インターネットを使うだけですので、特に問題ありません。ネット閲覧・ブログ更新のみの使用です。

・携帯性

キーボードと一緒にして約1キロ。リュック型のカバンに入れて持ち歩いていますが、ぜんぜん邪魔になりません。

・バッテリー

こんなに持つのかと思うくらいです。充電も1週間に1回で問題ありません。

・液晶

映り込みはありますが、そこは画面のカバーを張れば問題なし。

・付属ソフト

officeが初めからついているのでありがたいです。その他の付属ソフトは使用していません。邪魔にもなっていませんので、問題ありません。

・総合評価

大満足!外で使う用として大変助かっています。

ASUS TransBook T100TAM T100TAM-DK564S

スペックは、以下です。

・タブレット

OS種類 Windows 8.1 with Bing 32bit
CPU Atom Z3775 1.46GHz
コア数 クアッドコア
メモリ 2GB
記憶容量 64GB
本体カードスロット microSDカード,microSDHCカード,microSDXCカード
本体インターフェイス microUSB,Micro HDMI
バッテリー性能 リチウムポリマー
駆動時間 9.6時間
センサー 加速度センサー,ジャイロセンサー,デジタルコンパス
防水・防塵性能
統合ソフト Office Home and Business 2013
マイク 有り
その他機能 キーボード
画面サイズ 10.1 インチ
液晶タイプ IPS
画面解像度 1366x768ppi
ネットワークWi-Fi(無線LAN) IEEE802.11a,IEEE802.11b,IEEE802.11g,IEEE802.11n,
GPS,Bluetooth,Bluetooth4.0,IrDA,NFC対応,Wi-Fi Direct対応,AirPlay対応,
Miracast対応,WiDi対応,SIMフリー,データ通信サービス  
前面カメラ画像数 126 万画素
幅x高さx奥行 263×10.5×171 mm
重量 タブレット570 g,キーボード600g

この中での注目はSIMフリーです。

ASUS TransBook T100TAM T100TAM-DK564S ASUS TransBook T100TAM T100TAM-DK564S ASUS TransBook T100TAM T100TAM-DK564S ASUS TransBook T100TAM T100TAM-DK564S ASUS TransBook T100TAM T100TAM-DK564S ASUS TransBook T100TAM T100TAM-DK564S ASUS TransBook T100TAM T100TAM-DK564S ASUS TransBook T100TAM T100TAM-DK564S ASUS TransBook T100TAM T100TAM-DK564S ASUS TransBook T100TAM T100TAM-DK564S ASUS TransBook T100TAM T100TAM-DK564S ASUS TransBook T100TAM T100TAM-DK564S ASUS TransBook T100TAM T100TAM-DK564S ASUS TransBook T100TAM T100TAM-DK564S

最近はほんとにいろいろなパソコンが出てきていて、どれを購入するかほんとに迷いました。

価格コムなどを参考に自分にピッタリなものが見つけてほしいです。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

今年もよろしくお願いします!一段と美味しいものを求めて、いろいろなお店によらせて頂きたいと思います。
たくさん美味しいものを食べるために、体のこともしらないと!!ということで、機能解剖学を勉強しトレーナーへ転身。
『ぐるめのほそ道』をよろしくお願いします。
詳しいプロフィール