銀座で話題のセントル ザ・ベーカリー (CENTRE THE BAKERY)の食パンを食す

セントル ザ・ベーカリー (CENTRE THE BAKERY)
セントル ザ・ベーカリー (CENTRE THE BAKERY)

前回、お店の中で食べた際の感想を書きましたが、今度は買ってきた食パンについての感想です。このお店はフランス料理で有名なVIRONのシェフが作ったお店で、日本に住む人に美味しい食パンをたべてほしいということで、つくったそうです。そのため、お店には食パン3種類だけ販売されています。

セントル ザ・ベーカリー (CENTRE THE BAKERY)

一つ目が最も有名な角食パン。このパンは北海道産小麦使用でお値段は角食パン1本(2斤分)840円。

セントル ザ・ベーカリー (CENTRE THE BAKERY)

柔らかくて切るのが非常に難しいです。お店にあるようにサンドウィッチやあとはフレンチトーストにするとまた美味しそうです。香りが非常に強くやはりそのままもいけます。

セントル ザ・ベーカリー (CENTRE THE BAKERY)

次が外国産小麦(カナダ、アメリカ)使用のプルマン1本(2斤分)840円。このパンは焼いても生のままでもおすすめされているパンです。

セントル ザ・ベーカリー (CENTRE THE BAKERY)

香りは日本に良くあるパンのようなそんな安心感のあるパンです。これもサンドウィッチ、トーストなんでもあり!

セントル ザ・ベーカリー (CENTRE THE BAKERY)

次がハードパンのイギリスパンです。

セントル ザ・ベーカリー (CENTRE THE BAKERY)

イギリスのパンというと硬いイメージがありますが、これもそのイメージ通り。トーストにして、ベーコンを挟んだり、ラスクにすると非常においしそうです。私は薄くスライスしてトーストにして食べましたが、サクサク感がたまらなく美味しかったです。

セントル ザ・ベーカリー (CENTRE THE BAKERY)

こんな感じで説明も書いてありますので、まよったら参考にしてください。

セントル ザ・ベーカリー (CENTRE THE BAKERY)その他、店内にはカフェで食べれるジャムもあります。

セントル ザ・ベーカリー (CENTRE THE BAKERY)

こんなに食パンが置かれているスペースも。

セントル ザ・ベーカリー (CENTRE THE BAKERY)

作っている様子もチェックできます。

セントル ザ・ベーカリー (CENTRE THE BAKERY)

カフェでは、好きなトースターを選んで食パンを楽しむことも出来ます。

冬になると寒くて並ぶのは大変かもしれませんが、並ぶ価値のあるお店です。春になって暖かくなってからでもいいと思いますので、ぜひ一度足を運んでみてください。

セントル ザ・ベーカリーカフェで食べた際の感想はこちら

セントル ザ・ベーカリー (CENTRE THE BAKERY)

よかったらシェアお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

2016年もよろしくお願いします!一段と美味しいものを求めて、いろいろなお店によらせて頂きたいと思います。
たくさん美味しいものを食べるために、体のこともしらないと!!ということで、機能解剖学を勉強しトレーナーへ転身。
『ぐるめのほそ道』をよろしくお願いします。
詳しいプロフィール